施工事例

【リノベーション】の事例一覧

名古屋市南区 K様邸 「おばあちゃんといっしょ」

プラン・施工上の工夫

2016年度 LIXIL秋のリフォームコンテスト2016『ストーリー賞』全国優秀賞

段差のあった和室をLDKに取り込み、家族全員が集まっても余裕の広さとしました。また、まだまだLDKで過ごす時間の多い子供たちの為に大容量の壁面収納を設け、ストレスなく片付けができるようにしました。
お母様の寝室にも収納を増やし、また縁側を書斎として作り、お母様一人の時間も大切に過ごせるよう配慮しました。
そして、玄関ホールと廊下の間に扉を設けることで廊下の寒さを軽減。浴室や洗面への動線も寒くないよう計画し、2階は子供たちがみんなで楽しく過ごせるようスタディルームを中心にし囲むように3つの子供部屋を配置しました。

【担当】
アドバイザー:斉藤由香里 / デザイナー:今井祐紀 / 施工監理:下村龍

【こだわりポイント】

名古屋市緑区 S様邸 「自然素材に囲まれた家」

プラン・施工上の工夫

天井と壁の内装材に、当社オリジナルの無添加厚塗りしっくいを使用し、床には無垢の杉板フローリングを使用、無垢材の中でも暖かく、優しい印象の素材をご提案しました。

【担当】
アドバイザー:肥塚裕紀 / デザイナー:斉藤由香里 / 施工監理:肥塚裕紀

 

【こだわりポイント】

名古屋市千種区K様邸 「やさしさに包まれたなら・・・」

プラン・施工上の工夫

既設の窓を活かし、かつ今までよりも明るい空間になるようにしました。
また高齢のお母様が過ごしやすいようにしました。自然素材をたくさん使い、やさしい空間になりました。

【担当】
アドバイザー:新田義正 / デザイナー:林麻恵 / 施工監理:小酒井吉朗


 

【こだわりポイント】

名古屋市K様邸 「家族が繋がるリビング」

プラン・施工上の工夫

・建物を印象付けているR壁を効果的に利用したいと考え、家族が集まり長時間過ごすリビングとしました。
・天井を高くすると見えてしまう梁型をデザイン的に見せる為、天井に高低差をつけ、柱型は壁の中へ取込みました。
・モノトーンをデザインの基調としながら、デザインクロスや照明でアクセントをつけました。
・主寝室や子供室とLDKを直接繋げることで、家族それぞれの動線を妨げないよう配慮しました。
・バルコニーに面して畳コーナーを作り、取り込んだ洗濯物を畳む場所とし、天井に格納できる物干しも付けました。


アドバイザー:竹谷佳奈/デザイナー:今井祐紀/施工監理:岡田卓也

【こだわりポイント】

名古屋市千種区I様邸 「アンティーク~新しいものと古き良きものに囲まれる生活~」

プラン・施工上の工夫

断熱を図る為、全部屋に木製インナーサッシを取り入れました。
素敵な調度品をお持ちでしたので、イメージを壊さないよう、トータル的な色合いや床材、建具、腰壁、漆喰などご提案致しました。
トイレの部分にはアクセントとしてステンドグラスの建具をお取付けいたしました。
キッチンは吊戸棚などの部分を無くしお部屋が見渡せるように解放感あふれる空間にしました。

アドバイザー:遠山順也/デザイナー:長瀬あさみ/施工監理:小酒井吉朗

【こだわりポイント】

名古屋市守山区U様邸 「自然に包まれる白の空間」

プラン・施工上の工夫

もともとは農具庫半分、住宅半分として作られて平屋でした。
また、水まわりが充実しておらず、広く日当たりのよい空間を最大限に生かすように心がけました。
シンプルな中にも奥様こだわりの物をお入れすることで少し重厚感を出す事にし
洗面は奥様のお好きな陶磁器ボウルをご用意して頂き、収納出来るリネン庫もお作り致しました。
LDKには暖房効率とプライベート空間を保つ為、採光タイプの間仕切りをお入れし、天井も梁が見える広い空間に致しました。
自然の物やお花を活けたりするのが大好きな奥様ですので、トイレと収納以外は全て漆喰仕上げに致しました。
【担当】
アドバイザー:寺島 佑一/ デザイナー:長瀬 あさみ / 施工監理:小酒井 吉朗

【こだわりポイント】

小牧市F様邸 「二世帯から一世帯へ 行きたい場所に最短動線が叶うLDK」

プラン・施工上の工夫

明るい南側に解放感抜群のLDKを大移動。
ぐるりと回遊できる上、洗面室からバルコニーまで一直線の快適な洗濯動線。
また2階LDKに隣接するように子供部屋を設置することで、目の届くところで勉強が出来るので安心。
子供部屋の壁の一部には下地に鉄板を入れてから仕上げをしているので、マグネットがしっかり付き掲示物が沢山貼れます。
また3階は夫婦の部屋にすることで、それぞれに十分な広さを確保でき、ご主人の趣味の部屋も余裕の広さです。

【担当】
アドバイザー:浅井 重臣 / デザイナー:中出 千恵 / 施工監理:小池 久史

【こだわりポイント】

▲page up