施工事例

【浴室】の事例一覧

名古屋市西区K様邸 「100年目の大改装」

プラン・施工上の工夫

2015年度 ジェルコ中部北陸支部 LIXIL賞
2015年度 TDYリモデルスマイル作品コンテスト 中部地区 奨励賞

100年経っている建物は人間同様いろんな古傷があり、柱や梁も添っていたりと、その部分を含めたデザインのご提案に工夫をしました。
全てを大壁にして囲ってしまえばいいのだけれど、それでは美しい梁などが全て隠れてしまいます。漆喰など素材を考え古材の美を考えました。

アドバイザー:風間 照子/デザイナー:杉浦 千鶴/施工監理:都築 昭則 山崎 健二郎

【こだわりポイント】

名古屋市中村区M様邸 「夫婦のかたち」

プラン・施工上の工夫

1階にあったLDKは日差しを確保する為に2階へ移し、洋室2間をつなげてLDKを配置しました。
生活のメインを2階に移し、1階が無人となることが多くなる為、客間は防犯ガラスに取り替え、
寝室は断熱性能のある内窓を取り付け、勝手口ドアはツーロック仕様に取り替えし、開口部の防犯対策を行いました。
夏場は風を取り入れることが出来るよう、勝手口と寝室の雨戸は施錠してあっても採風可能なタイプとしております。
また、今回のリフォームで、各部屋で使用する物がしまえる、収納を計画。
必要な場所に必要な収納空間を配置する事で、無駄な移動がなくなり、快適な間取りを計画しました。
建物の性能部分も見直し、天井・外壁面にセルロースファイバーを施工、内装材は漆喰、床には無垢材を張り、断熱性能や室内空気環境を高めています。

アドバイザー:吉本 大輔/デザイナー:北村 真弓/施工監理:今井 健吏

【こだわりポイント】

豊明市K様邸 「安心と快適を加えて住み続ける我が家」

プラン・施工上の工夫

既設キッチンと和室との境界壁を取り払い、既設縁側の一部もリビングに取り込み、
広いLDKを確保しました。
お父様がこだわって造られた和室はそのまま残しながら、
ダイニングキッチンの隣とすることで、
生まれたばかりのお子様のお昼寝やお着替え等、日常も便利に使っていただけ
るよう配置しました。
間取りを変えながら梁などを補強し、建物の強度を損なわないよう配慮しました。
【担当】
アドバイザー:竹内 宏成/デザイナー:今井 祐紀/施工監理:岡田 卓也

【こだわりポイント】

豊田市S様邸 「おもてなし用のパウダールーム」

プラン・施工上の工夫

タイルのサンプルをたくさん取り寄せ、
洗面用とトイレ用ともにご納得いくまで仕様の打ち合わせをさせていただきました。
また、間接照明は光の当たる角度まで現場で打ち合わせをし
洗面ボウルの位置は現場で実際に仮置きして決めていただきました。
【担当】
アドバイザー:小川 正洋/デザイナー:今井 祐紀/施工監理:石黒 完全

【こだわりポイント】

名古屋市守山区U様邸 「自然に包まれる白の空間」

プラン・施工上の工夫

もともとは農具庫半分、住宅半分として作られて平屋でした。
また、水まわりが充実しておらず、広く日当たりのよい空間を最大限に生かすように心がけました。
シンプルな中にも奥様こだわりの物をお入れすることで少し重厚感を出す事にし
洗面は奥様のお好きな陶磁器ボウルをご用意して頂き、収納出来るリネン庫もお作り致しました。
LDKには暖房効率とプライベート空間を保つ為、採光タイプの間仕切りをお入れし、天井も梁が見える広い空間に致しました。
自然の物やお花を活けたりするのが大好きな奥様ですので、トイレと収納以外は全て漆喰仕上げに致しました。
【担当】
アドバイザー:寺島 佑一/ デザイナー:長瀬 あさみ / 施工監理:小酒井 吉朗

【こだわりポイント】

小牧市F様邸 「二世帯から一世帯へ 行きたい場所に最短動線が叶うLDK」

プラン・施工上の工夫

明るい南側に解放感抜群のLDKを大移動。
ぐるりと回遊できる上、洗面室からバルコニーまで一直線の快適な洗濯動線。
また2階LDKに隣接するように子供部屋を設置することで、目の届くところで勉強が出来るので安心。
子供部屋の壁の一部には下地に鉄板を入れてから仕上げをしているので、マグネットがしっかり付き掲示物が沢山貼れます。
また3階は夫婦の部屋にすることで、それぞれに十分な広さを確保でき、ご主人の趣味の部屋も余裕の広さです。

【担当】
アドバイザー:浅井 重臣 / デザイナー:中出 千恵 / 施工監理:小池 久史

【こだわりポイント】

あま市H様邸 「陽だまりのリビング」

プラン・施工上の工夫

生活の中心になるLDKを2階に移すことにしました。
天井を一部上げることにより、光と風、広がりを感じる空間にしました。

アドバイザー:中西浩之/デザイナー:多湖明美/施工監理:前田貴士
 
 
 

【こだわりポイント】

▲page up