リフォーム

無添加リフォームコンセプト
~健康的で心地よく人にやさしい。土に還る素材で地球にもやさしい。この二つを両立させる「無添加リフォーム」~

無添加リフォームとは?

健康的で心地よく人にやさしい。土に還る素材で地球にもやさしい。この二つを両立させる「無添加リフォーム」は今注目のライフスタイルLOHAS(ロハス、Lifestyles Of Health And Sustainability)にも通じます。ヘルシーそしてエコロジー。「無添加リフォーム」はエコリフォームのトップブランドです。

当社では専任の無添加コンシェルジュがお手伝いいたします。住宅の中にも有害物質がいっぱい!
シックハウスやアトピー、カビやダニの発生……これがもしも家のせいだとしたら……?!

床、壁、天井といった面積の広い部分を有害物質を含む大量生産品でつくれば、室内の空気にも悪影響を及ぼしていきます。農薬など、有害物質を含んだ野菜を食べたいとは思わないように、誰だっておいしい空気を吸って暮らしていきたいもの。い草の香りや木の香り……おいしい空気で住まいを本当の意味での癒し空間にするのが無添加リフォームなのです。

ご満足いただいている施工実績の数々から、心地よい住まいをぜひ感じてください。

無添加リフォームでの室内空気環境

天井材

床・壁・天井は、お家の中で、一番広い面積を占めます。天井や壁にビニルクロスなどを選んでしまうと、家自体が呼吸できなくなり、まるでビニル袋の中に住んでいるよう…。天井材や壁紙は、お家が呼吸の出来るものを。また、有害物質の含まない天然素材壁紙や珪藻土、漆喰、無垢材など、健康にも地球環境に害のないものであることが重要です。天井がもつ機能や性能は、住まいの快適性を左右するほど大切です。

壁材

天然素材のもので呼吸する壁にすることが賢明です。一般の9割の住宅は塩化ビニル製のクロスを使われ、家が呼吸できず、家の調湿ができないことから湿気にも弱く、カビも生えやすくなっています。つまり、防カビ剤も使用されています。塩ビの可塑剤も環境ホルモンが出る有害なもので、低温で燃やせばダイオキシンが発生します。

※非塩ビの壁紙も多く出回っていますが、1部屋あたり30g以下ならば塩ビを使っていても紙の壁紙と表示できます。

床材

床材も、その面積が大きいので大変重要です。日本人なのでやはり床に近いところで生活することもあり、床材はあたたかみがある無垢材を。無垢材は、呼吸しているので調湿効果があり、アトピー性皮膚炎の原因のひとつであるカビやダニの発生を防ぎます。素足で快適な床材を選びましょう。

※一般のフローリングは、化学物質が体に受ける影響が大きいのです。低ホルムの合板フローリングが最近では多く出回ってますが、F★★★★とはいってもゼロではありません。

家づくりの技術とこだわり

無添加リフォームのこだわり

無添加リフォームの重要なポイントは「自然素材を中心に使用し、自然素材の本来の機能を充分に活かしたリフォームをすること」。自然素材100パーセントの建材を使用することで、廃棄・処分時には土に還り、地球に与える負荷までも少なくなります。しかも、これは住む人の健康にも安全。自然素材を使う無添加リフォームは、健康にも環境にも配慮した厳選された建材を採用し、有害物質を含む大量生産品を極力使わないだけでなく、家が呼吸しカビやダニの発生を押さえ、シックハウスやアトピーなどの健康被害を少しでもなくすように考えられています。

あらゆる部位で自然素材本来の良さを活かします

内装には調湿効果のある天然素材を多用し、けいそう土やしっくいなどを使います。クロスを使用する際は、和紙や再生紙などを使い、塩化ビニルクロスは100%使用しません。もちろん接着剤はでんぷんのりで、畳は本来の天然い草畳を使用します。塗料においても、防腐・防カビ効果のある柿渋や柑橘系の自然塗料を使い、また見えない部分においても、備長炭や竹炭などを使用するなど、あらゆる箇所で天然素材の本来の良さを活かしたリフォームなのです。

専門家とともに最高の技術で施工

ただ、いい素材を使うというだけではいいリフォームが出来るとは限りません。自然素材である無垢材や、調湿効果のある自然壁紙などは、一般に市販されている化学物質を含んだ建材よりも、施工技術が必要とされます。そこで誰がプランニングをし、施工するのかも、重要なポイントになってくるのです。営業担当と施工管理とともに、専門の研修・教育を受けたパートナーサプライヤー(専門協力業者)とともに最高の技術で施工をいたします。サービスも万全!
ぜひおまかせください。

安心な自然素材へのこだわり

無添加リフォームの安心な自然素材

木創オリジナル壁紙

木創オリジナル壁紙

木創オリジナル壁紙は、人や環境のことを考え、綿、麻等の天然素材を出来る限り使用し、一切の薬品処理をしていない織物壁紙です。また裏紙にはバージンパルプ100%のものを使用しています。天然素材と織物のやさしさが味わえる壁紙で快適なお住まいになります。

越前鳥の子和紙壁紙

越前鳥の子和紙壁紙

越前鳥の子紙を揉んで裏紙を貼り合わせたものです。もちろん木創オリジナル壁紙と同様、裏紙との張り合わせも可塑剤の入っていない接着剤を使用し、難燃剤、防腐剤、防カビ剤などの薬品処理は一切していません。


オリジナル無添加厚塗りしっくい®

無添加厚塗りしっくい

石灰と麻スサに食品添加物のみを使用し、合成樹脂など石油化学製品は一切使用していません。一度に厚塗り(5~7mm)が可能で、今までのように2度3度塗りの必要が無く工期、費用を従来の半額以下で提供できます。厚塗りしても従来の漆喰に比べ、かなり割れにくい工夫がしてあります。

>オリジナル無添加厚塗りしっくい無添加®についてはこちら

けいそう土(珪藻土)

けいそう土(珪藻土)

植物プランクトンが数千万年かかって化石化して出来た土です。防音、耐火性、断熱性に優れるだけでなく、調湿性ありカビの発生も防ぎます。また、たばこやペットの匂いを吸着、脱臭し、部屋の中をクリーンに保ちます。石油化学物質・有害物質が含まれていないので、そのまま自然にもどせます。(写真:けいそう土の生成前)


無垢材

呼吸をする本物の無垢材は、調湿効果があり、室内を一定の湿度で保ってくれます。また、コンクリートの約10倍の断熱性があり、夏涼しく、冬暖かい環境となり冬でも素足で気持ち良く生活できます。

昔は木といえばムク材でした。使用する箇所によって堅い木・柔軟な木・防水性の高い木・防虫性の高い木等を使い分けてきました。ムク材に触れてみるとまず、その優しさが伝わってきます。夏はひんやりと涼しく、冬はじわっと温かいのです。また、木の優しい香りに包まれて下さい。木立の中に居るかのようです。使い込むほどに本物の木だけが見せる味わいも感じます。ムク材は調湿性能も持っています。室内が乾燥すれば水分を吐き出し、湿気が多い時には水分を吸い込みます。また、木材はマイナスイオンを発生し、リラックス効果があると言われています。

無垢材

集成梁は使用いたしません。ホルムアルデヒドの出る集成材を使用しませんので、安全です。接着剤などで張り合わせた集成材とは様々な面で違います。天然の無垢材は、自然の調湿効果や抗菌・殺菌作用があり、結露の発生を防ぎ、アトピーなどの原因と言われているダニなどの繁殖を抑制します。

接着剤

膠(にかわ)接着剤

「膠(にかわ)接着剤」は、100%自然素材です。膠(にかわ)を使って建てられた1200年前の建造物が当時と変わることなく現代に在るのは、その強度の証明とも言えます。実際に強度テストの結果では、木工用ボンド(白ボンド)よりも「膠(にかわ)接着剤」のほうが強度が高いことも検証済みです。また、通常の施工の際に使用する接着剤もF☆☆☆☆はもちろんそのほかのVOC(揮発性有機化合物)に関しても安全性の高い物を使用します。

子どもが素足でも安心!塗料・ワックス

塗料・ワックス

室内において、化学物質などが主原料の塗料、接着剤などを使用した建材や家具などから放出されるホルムアルデヒドが、シックハウス症候群の主原因とされています。そのため、自然素材塗料、にかわ、木酢液、柿渋液、ヒバ油など、見えないところも自然素材を使用しています。自然素材なので、美観も落ち着いた色を醸し出し、無垢材などの性質をそのまま活かせます。


畳:い草

い草畳は空気浄化機能、保温、断熱性能を持っており、シックハウス症候群の原因物質と言われているアセトアルデヒドやホルムアルデヒドを吸着する効果も注目されています。

セルロースファイバー

セルロースファイバー

地球にやさしい断熱工法として、セルロースファイバーによるDECOS DRY工法を採用しています。セルロースファイバーは、安全基準に厳しい米国でシェアNO.1の断熱材。セルロースの多孔性と高密度充填(グラスウールの約4倍)の施工。防火性・防虫・防音性・調湿性が優れています。また、グラスウールのように結露が発生せず、壁内部の腐食を防ぎます。冬暖かく、夏涼しい快適な空間を実現し、家の中の温度差も少ないので高齢者にもやさしい温度のバリアフリーも実現します。