リノベーション

リノベーションが注目されている理由

新築依存からの脱却

日本では、新築の家を持つことがステータスとされる「新築依存」が長い間根付いていました。約30年の周期で建物を壊しては建てなおす「スクラップ&ビルド」を繰り返してきました。
しかし近年、一級建築士による建物構造偽造事件や土地の高騰・建築材料高騰といった背景から、消費者目線から見た妥当の住宅価格設定とは程遠い、販売価格で住宅が供給されるようになりました。その結果、消費者の住宅購入の選択肢が新築だけでなく中古物件やリノベーションに拡がってきました。
こうして選択肢が拡がったことで、リノベーションへの興味を持つ人が増え、次々と新築至上主義から脱却してきています。

環境保護

リノベーションが注目されてきた理由として、環境保護の観点も挙げられます。これまでの新築至上主義である「スクラップ&ビルド」は、大量の廃材が生まれ、大量の材料が必要となる為、環境的に好ましいとは言えませんでした。
既存の住宅を改修し、住宅を生まれ変わらせるリノベーションは、環境保護の観点から見ても良好であり、注目を集めるようになっています。

リノベーション施工事例
資料請求・お問い合わせはこちら

▲page up