新入社員の声

石川 桃愛知文教大学卒
中村 友哉千葉商科大学卒
後藤 優太龍谷大学卒
浅野 佑太日本福祉大学卒
左から:石川 桃(愛知文教大学卒)、中村 友哉(千葉商科大学卒)、後藤 優太(龍谷大学卒)、浅野 佑太(日本福祉大学卒)
Q1
なぜ安江工務店を選んだのか?
A1
石川:

私はどちらかと言えば業種ではなく職種で会社を探していました。
たとえば事務職など一つのことに特化するのではなく、
何でもできる「便利屋」のような仕事がしたいと思っていたんです。
安江工務店では総合職の募集をしていたので、ぜひ挑戦してみようと思いました。
また、就職活動をしている中で「こんな社会人になりたい」と思える人に出会えたのも決め手になりましたね
(それは人事担当の中原さんなんですけど)。

中村:

安江工務店は人間関係を大切にしている会社なので、そこがいいなと感じました。
また、つねに正しい判断・行動を心がけるという考えのもとで、
私自身も人間的な成長ができると思い、入社を決めました。

後藤:

父親が不動産業を営んでいるということもあって、不動産業界、
あるいは少し幅を広げて建築・リフォーム業界も見ていました。
安江工務店では、壁材に漆喰を使うなど、環境面に配慮した建築を行なっているので、興味を引かれましたね。

浅野:

私は「人と関われる仕事」というのが就活の軸でした。
安江工務店とは合同説明会で出会ったのですが、CREDO(クレド)にも掲げられている
「損得ではなく善悪で考える」というフレーズにビビッときたんです。単純にカッコいいなと思いました。
そして選考が進む中、会う社員会う社員が皆本当にいい人で、ここで働きたいという気持ちが高まっていきました。


Q2
安江工務店でどんなことをやってみたい?
A2
石川:

絵を描くのが好きで、大学時代はデザイン研究部に所属していました。
それを少しでも仕事に活かしたいと思っています。
たとえばインテリアコーディネーターやカラーコーディネーターの資格を取得することで、
企画・提案の幅を広げていけたらいいなと思います。

中村:

営業で実績を上げ、お客様からの信頼も獲得したいです。
そして、いずれは店長になり、皆を引っ張っていくような仕事をしたいと思っています。

後藤:

私は自分の手で実家をリノベーションするのが夢なんです。
将来的に父親の仕事を継ぐかどうかはまだわかりませんが、
まずはこの安江工務店で目一杯学び、成長したいと思っています。

浅野:

私は大学時代に福祉のことを学んできたということもあり、
福祉住環境コーディネーターという資格を取ろうと思っています。
それを営業に活かしていければいいなと考えています。そして、お客様から「浅野さんに頼んでよかった」、
あるいは先輩・上司からも「浅野に任せてよかった」と言ってもらえるような仕事をしていきます。


Q3
就職活動中の学生さんに伝えたいこと
A3
石川:

就活ポータルサイトにはたくさんの情報があふれていますが、
そこに書いてあるものを見ているだけでは、やはり何もわかりません。
企業の人事担当者や大学のキャリアセンターの人と実際に会って、いっぱい話をすることが重要だと思います。
そうして初めて「自分にはどんな会社が向いているかどうか」の糸口が見つかるんじゃないでしょうか。

中村:

飾らず、自分の芯をしっかり持つこと。面接では自分の素直な思いをぶつけてください。

後藤:

自分はちょっとダラダラした就職活動になってしまったので、
早めに情報を仕入れて、短期決戦で臨むのがいいのかなと思います。

浅野:

合同説明会でもなんでもいいので、早めに行動を起こすことが大事ですね。
周りの友人たちと情報交換するのは大切ですが、変に惑わされたり甘えたりしないように。
就活の開始時期も毎年変わってたいへんですが、自分で決めて自分で動いていってください。