リフォーム

無添加リフォームコンセプト
~健康的で心地よく人にやさしい。土に還る素材で地球にもやさしい。この二つを両立させる「無添加リフォーム」~

無添加リフォームとは?

健康的で心地よく人にやさしい。土に還る素材で地球にもやさしい。この二つを両立させる「無添加リフォーム」は今注目のライフスタイルLOHAS(ロハス、Lifestyles Of Health And Sustainability)にも通じます。ヘルシーそしてエコロジー。「無添加リフォーム」はエコリフォームのトップブランドです。

当社では専任の無添加コンシェルジュがお手伝いいたします。住宅の中にも有害物質がいっぱい!
シックハウスやアトピー、カビやダニの発生……これがもしも家のせいだとしたら……?!

床、壁、天井といった面積の広い部分を有害物質を含む大量生産品でつくれば、室内の空気にも悪影響を及ぼしていきます。農薬など、有害物質を含んだ野菜を食べたいとは思わないように、誰だっておいしい空気を吸って暮らしていきたいもの。い草の香りや木の香り……おいしい空気で住まいを本当の意味での癒し空間にするのが無添加リフォームなのです。

ご満足いただいている施工実績の数々から、心地よい住まいをぜひ感じてください。

無添加リフォームでの室内空気環境

天井材

床・壁・天井は、お家の中で、一番広い面積を占めます。天井や壁にビニルクロスなどを選んでしまうと、家自体が呼吸できなくなり、まるでビニル袋の中に住んでいるよう…。天井材や壁紙は、お家が呼吸の出来るものを。また、有害物質の含まない天然素材壁紙や珪藻土、漆喰、無垢材など、健康にも地球環境に害のないものであることが重要です。天井がもつ機能や性能は、住まいの快適性を左右するほど大切です。

壁材

天然素材のもので呼吸する壁にすることが賢明です。一般の9割の住宅は塩化ビニル製のクロスを使われ、家が呼吸できず、家の調湿ができないことから湿気にも弱く、カビも生えやすくなっています。つまり、防カビ剤も使用されています。塩ビの可塑剤も環境ホルモンが出る有害なもので、低温で燃やせばダイオキシンが発生します。

※非塩ビの壁紙も多く出回っていますが、1部屋あたり30g以下ならば塩ビを使っていても紙の壁紙と表示できます。

床材

床材も、その面積が大きいので大変重要です。日本人なのでやはり床に近いところで生活することもあり、床材はあたたかみがある無垢材を。無垢材は、呼吸しているので調湿効果があり、アトピー性皮膚炎の原因のひとつであるカビやダニの発生を防ぎます。素足で快適な床材を選びましょう。

※一般のフローリングは、化学物質が体に受ける影響が大きいのです。低ホルムの合板フローリングが最近では多く出回ってますが、F★★★★とはいってもゼロではありません。

資料請求・お問い合わせはこちら

▲page up