リフォーム

洗面化粧台の基礎知識

収納のタイプ

化粧台のタイプは主に開き戸、片引出し、スライドの三種類になります。

開き戸タイプ

バケツなどの大きなものも収納できます。内部に棚をつけることで縦の空間も有効活用できます。価格も他のタイプに比べて、安いのが特長です。

引出しタイプ

開き戸とスライドタイプのハイブリッド。開き戸とスライドのいいとこ取りになります。価格もスライドタイプより下、開き戸タイプより上になります。

フルスライドタイプ

デッドスペースができにくく、収納力抜群です。収納している物がわかりやすく奥の物を出し入れしやすい。キレイに整頓したい方にオススメです。

収納タイプ

化粧鏡

鏡が枚数によって一面鏡、二面鏡、三面鏡とバリエーションがあります。商品によっては鏡を開けると収納棚として活用できるものがあり、家族でたくさんの小物がある場合オススメです。

三面鏡

TOTO Octave

水栓金具

シリーズによっては、鏡下の壁から取り付けられているビルトイン水栓があります。従来のような洗面ボウルの縁ではないため、空間が広く使え、水栓まわりに水がたまらないので水あかなどの汚れがたまりにくいのが特長です。

また、水栓金具には様々なタイプがあり、回して開けるハンドル水栓やレバーの上下左右で操作するレバー水栓、蛇腹ホースがついたシャワー水栓等があります。シャワー水栓は特に使い勝手が良く、お掃除も簡単に出来るので、人気のものになります。

水栓金具

TOCLAS EPOCH

洗面ボウル

洗面ボウルには樹脂、陶器、人造大理石、ホーローなどメーカーによって様々な種類があります。素材によって、メリット・デメリットがありますので、生活にあった洗面ボウルを選ぶと良いでしょう。

樹脂

成形しやすく、継ぎ目のない一体型の美しく、掃除のしやすいものです。

    メリット
  • ・比較的安価ある
  • ・意匠性が高い
    デメリット
  • ・他の材質に比べて黄ばみやシミ、ヒビが早い段階から目立ちやすい
樹脂

クリナップ Fancio

陶器

美しい光沢で高級感がある陶器。細かい傷がつきにくいのも特長です。

    メリット
  • ・細かいキズがつきにくく、キレイを維持しやすい
    デメリット
  • ・硬いものを落とすとヒビが入ったり、割れる可能性がある
陶器

TOTO Octave

人工大理石(人造大理石)

大理石に似せた樹脂を主とした人工材。お手入れがしやすく、様々な色やデザインから選べるのも特長。

    メリット
  • ・割れる心配がない
  • ・カラーバリエーションが豊富
    デメリット
  • ・細かい傷がつきやすいため、汚れがつきやすい
人工大理石

トクラス EPOCH

ホーロー

金属にガラス質の釉薬を塗り、高温で焼き付けた物です。金属の強度とガラスの美しい光沢、両者の持つ長所を最大限に活かした複合素材です。

    メリット
  • ・他に比べて最も傷に強い
  • ・耐久性が高い
    デメリット
  • ・表面のガラス層が欠けると錆びることがある
琺瑯

タカラスタンダード Famile

資料請求・お問い合わせはこちら

▲page up