施工事例

【トイレ】の事例一覧

名古屋市緑区A様邸 「あたたかみのある家 ~落ちつける空間~」

プラン・施工上の工夫

丸見えだったキッチンの配置を変更して、手元が隠れるようにご提案させて頂きました。また料理をしながらテレビがみえるようにテレビの位置を変更しました。内装にはしっくいと温かみがあるカバザクラのフローリング、同じ樹種の建具に自然塗料を塗りリビングドアとしてご提案させて頂きました。照明にもこだわりましてお部屋を彩るアクセントとさせて頂きました。

【担当】
アドバイザー:村上博之 / デザイナー:竹谷佳奈 / 施工監理:加藤昌央

【こだわりポイント】

名古屋市南区H様邸 「家族愛を詰め込んだ奥様の思い」

プラン・施工上の工夫

2009年度 TOTOリモデル スマイル作品コンテスト 東海ブロック別奨励賞

1階が店舗、2階、3階に事務所と居住スペース、しかも2世帯が混在している空間を、プライバシーを守りつつ広く快適なスペースとなるよう計画しました。
2階を主寝室としましたが、廊下側に前室とウォークインクローゼットを配置して、気兼ねなく休めるよう配慮しました。
3階はバルコニーへ出る通路を確保しつつ、広いLDKと便利の良い収納庫を配置しました。子供室からLDK、キッチンから収納へなど、動線を重視した間取りとなりました

【担当】
アドバイザー:今井祐紀・服部真実 / 施工監理:岡田卓也

【こだわりポイント】

名古屋市昭和区T様邸 「光溢れる空間の創造」

プラン・施工上の工夫

お客様の要望を満たしつつ、こだわりのポイントを設けました。
玄関から入ってぷーさんやピグレットの調湿タイルがお出迎え。湿気や匂いがこもりやすい空間を軽減してくれます。
なお、新居改装記念にエコカラットの一部へお子様3人の手形も作りました。

洗面室は浴室と同系色で統一したブルーに、壁一面の収納~洗面~洗濯と使い勝手とレイアウトしてあります。

建具にはワンポイントのミッキーシルエットが明り取りを演出してます。
キッチンは既設とコンロ・シンクの位置を変更し使い勝手の向上。最新システムキッチンを導入しハイセンスなデザインとナチュラルなテイストをより演出しております。

【担当】
アドバイザー:山本・鈴木

【こだわりポイント】

名古屋市中村区K様邸 「収納にこだわった自然派リフォームで全面改装」

プラン・施工上の工夫

施主様が木のかおりがお好きだということで無垢の建具、フローリングをご提案しました。メインの部屋は主に2階ということで2階にはオリジナル無添加安心しっくいを施工しました。キッチンの配置も替え広々とダイニングを使っていただけるようにしました。1階洋室は元々の飾り天井を利用しました。

【担当】
アドバイザー:荒木洋平 / デザイナー:吉田知加 / 施工監理:都築昭則

【こだわりポイント】

瀬戸市M様邸 「漆喰をつかったくつろぎ空間」

プラン・施工上の工夫

キッチンの使い勝手が悪かった為、キッチンと同じ材質で、食器棚、カウンターをとりつけました。家族がくつろげるスペースとしてのリビングをご提案。掘りコタツ・ベンチ等を床と同じ無垢材で造作しました。廊下部分は収納としてクローゼットに改造。使っていなかった裏口部分ををキッチンストックヤードとして活用。ホテルのイメージに近づけるため、洗面台をカウンタータイプとし、2ボウルを横にに並べました。

【担当】
アドバイザー・デザイナー:今井祐紀 / 施工監理:加藤 昌夫

【こだわりポイント】

名古屋市西区S様邸 「優しさあふれる二世帯リフォーム」

プラン・施工上の工夫

長く使い続けることで味わいの増す「ムク材」の建具を採用。リビングにはオリジナルしっくいを採用するなど、空間ごとに適材適所でプランニングしました。また、お客様とのお打合せの中でガラスブロックをアクセントとして使うことなどデザイン上の遊びも大切にしました。
既製品の建材だけではなく、作り付けの造作家具なども取り入れ全体的にやさしい雰囲気を活かしながら一つ一つ丁寧に創り上げてゆきました。

【担当】
アドバイザー:荒木洋平 / デザイナー:吉田 知加 / 施工監理:前田貴士

【こだわりポイント】

名古屋市中村区K様邸 「新築を超えた無添加増改築」

プラン・施工上の工夫

奥様と息子さんがシックハウスの症状があるとお聞きしましたので、使用する部材はすべて躯体・内装ともすべて無垢の素材にこだわりました。
東側の鉄骨部分の建物を残して新築部分とつなぐ工事は大変に苦労しましたが、困難な中で、全体的にまとまり感を出すことを工夫しました。
また、全館空調システム導入のため、高気密・高断熱に努め冷暖房効率の良い住まいをご提案。外構工事ではデザインコンクリートを使用したりと、デザイン、質感にもこだわったご提案をさせていただきました。」

【担当】
アドバイザー:小栗伸哉

【こだわりポイント】

▲page up