施工事例

碧南市S様邸 「サチイロ ノ 家」 

※クリックで画像が拡大します。

施工データ

―施工期間
90日間

―築年数
30年

―広さ
185m²

プラン・施工上の工夫

・キッチンでの作業中子供の気配を感じられるよう廊下を撤去し、いつでもコミュニケーションが取れる空間を計画。
・職場復帰を控えている奥様が一連の家事にかかる時間を短縮し、子供達とゆったり過ごす事ができる様キッチンに回遊性をもたせどの方向からでもスムーズに作業ができる動線を計画。
・キッチンの袖壁に空間のポイントとなるようモザイクタイルを提案。コンロ袖壁とリビング側腰壁の目地色に変化をつけ色の濃淡によって空間に奥行をもたらす様色彩計画を提案。
・料理中の匂いを軽減する為消臭機能のあるしっくい塗を提案。しっくいのもつ素材の力を肌で感じながらご家族の健康、かつ快適に過ごすことができる様計画。
・窓から差し込む光と風の心地よいLDK空間、そこに集う家族の幸せいっぱいの笑顔が「幸色」~サチイロ~という新たなご家族だけのイロが彩られていくよう演出しました。

【担当】
アドバイザー:加藤昌夫・寺下直希 / デザイナー:中森友美子 / 施工監理:渡邊匠


before/施主様のご要望

・家族の繋がりを大切に考え住まい方に応じて柔軟に対応できる間取にしてほしい。
・子供部屋は、リビングと一体化となるような動線にしてほしい。
・本や音楽を家族で共有し生活を楽しむ環境にするため、リビングに本棚を設置してほしい。
・LDKは一体空間、かつキッチンを中心に回遊性を重視した動線にしてほしい。
・調理中の匂いや水蒸気などにも対応した機能性にも優れた素材にしてほしい。

after/施工後施主様のご感想

・白.ブルー.ウォールナット色を中心にキラキラ色をほんの少しだけ含ませた空間には落ち着きとかわいらしさがあります。新婚旅行で思い切って購入したトルコ絨毯もしっくりとなじんで「ここで過ごしたい」と思える部屋になりました。
・広いワークトップの対面式キッチン、壁面いっぱいの本棚、「ぼくお豆腐切るの上手になったよ!」「この本面白かったから読んでみて」そんな会話がこれまで以上に生活に溢れるだろうという環境は整いました。実際に叶う様に頑張ります。
・玄関を入り扉を開けるとLDK、そこからそれぞれのプライベート空間へと繋がる間取りになりました。この先共働きで慌ただしい毎日になります。子供達も成長していきます。「おはよう」「いってらっしゃい」「おかえり」「おやすみ」何気ない会話が自然と出来る事が何よりも大切になるのだと思っています。このLDKが家族を繋ぐ場所になることを願っています。



▲page up