外壁塗装・外壁リフォーム

失敗しない塗装業者の選び方
~外壁塗装・外壁リフォームお任せください。~

外壁塗装・外壁リフォーム業者の選び方のポイント紹介

外壁は家の外から誰でもチェックできるため、業者にとって営業しやすく、外壁塗装・外壁リフォームは悪質業者が横行しやすい分野になります。悪質業者にひっかかり、せっかく貯めたお金を無駄にし後悔したくはありません。
ここでは、外壁塗装・外壁リフォーム業者の選び方のポイントを紹介しますので、是非参考にしてみてください。

価格だけに固執しないこと

単純に価格の安さを1番の売りにしている業者には気をつけましょう。
見積書と違う安価な塗料を使われたり、2度塗りすべき箇所を1回で済まされたり、手抜き工事をされるかもしれません。
安さには必ず理由があります。価格の根拠をしっかりと説明してくれ、納得できなければ、その業者はやめるべきであると思います。
「費用はできるだけおさえたい。」「安ければ安い方がいい。」と考えるのではなく、まず、業者のことを信頼できるかを1番に考える必要があります。

書面でのやりとり

口頭だけで済まし、書面でのやりとりを行わない業者には気をつけましょう。
事前に口約束で費用を決めたが、後々になって追加の費用や大幅に高く費用を請求されたりするかもしれません。対応してくれる業者の担当は裏表がある可能性もあります。工事の内容や費用について書面に残さず話が進んでいく業者はやめるべきであると思います。
リフォームされた住まいにずっと住むのは業者の担当者ではないですし、後々のトラブルを防ぐためにも、しっかりと書面で残してくれる業者である必要があります。

過去の実績のチェック

その地域での実績がなく、最近でてきたような業者には気をつけましょう。
今は何の噂もなく安心できそうな業者であっても、数年先に手抜き工事など発覚してしまうかもしれません。
単に今はボロがでていないだけの可能性もあります。過去の施工事例などを見せてもらい、外壁塗装・外壁リフォームの経験が少なかったり、分野やセンスなどがあわないような業者はやめるべきであると思います。
また、インターネットを利用して業者のホームページを確認したり、評判や口コミなどの情報取集を積極的にする必要があります。
長くその地域で実績のある業者であれば、評判の悪くなるような工事はせず、悪い口コミなどはない傾向にあります。

専門的な知識や経験のチェック

専門的な知識や経験の乏しい業者には気をつけましょう。塗料を用途の違う使い方をされたり、不必要な工事をされてしまうかもしれません。住まいの寿命を縮めてしまう可能性もあります。本来、外壁塗装・外壁リフォームには高度な専門知識や豊富な経験が必要であり、現在の住まいの状況や、作業の進め方、材料の内訳や各効果などの質問を行い、的確に答えてもらえなかったり、回答に不安を覚えるような業者はやめるべきであると思います。
また、高度な専門知識や豊富な経験がある業者であれば、住まいの現状と顧客の要望の度合いにあわせて、それらをぎりぎり満たすような塗料から逆に付加価値の高い塗料まで把握しており提案できる能力を持ち合わせているため、いくつかの見積もりのプランを作成してくるような業者を選ぶべきです。

資料請求・お問い合わせはこちら

▲page up