外壁塗装・外壁リフォーム

外壁塗装の種類
~外壁塗装・外壁リフォームお任せください。~

外壁塗装に用いる塗料には様々な種類があります

塗料は種類によって耐久性、価格が大きく異なり、価格と耐久性は比例します。
塗り替えの回数が少なくて済む耐久性の高い塗料を使ったほうが長い目でみるとおトクな場合もあるため、住まいのメンテナンスサイクルを考えて塗料を選ぶ必要があります。
ここでは主な塗料の概要や特徴などをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

合成樹脂調合ペイント

従来の油性調合ペイントの配合で用いられる「ボイル油」の代わりに「長油性アルキド酸樹脂ワニス」を着色顔料と混ぜ合わせて作られる、酸化重合による自然乾燥型の塗料です。一般的にホームセンターなどで販売されてるDIY用の「ペンキ」の多くはこの合成樹脂調合ペイントになり、耐用年数は3~5年になります。

主に、一般建築物の屋内・屋外の鉄部、屋内木部に用いられ、安価になります。
ただし、乾燥時間は約16時間と、乾燥に時間がかかるという短所があります。また、油を含むことでアルカリに弱いという性質があるため、コンクリート素材の近くでの施工は難しく、コンクリートのアルカリ成分が溶け出したり、ひどい場合には、べたついたり、変色するなどの影響もあります。

アクリル樹脂塗料

アクリル樹脂塗料は、メタクリル酸メチルを重合して作られたアクリル樹脂をベースにした塗料です。
自動車の上塗りに使用されたり、家庭用の電器製品や食缶などにも使用され、耐用年数は5~8年になります。

主に、新築の外壁によく使用されますが、他の塗料と比べると耐久年数が割と短いため、塗り替え時には耐候性のより高い別の塗料に変更する方もいるようです。
特徴としては、高温でも変色せず、保色性があるため、色あせなどもしにくいです。
また、光沢保持性もあるため、ツヤが長持ちします。

ウレタン樹脂塗料

ウレタン樹脂塗料は正確にはポリウレタン樹脂塗料といい、塗装により形成される皮膜が、ウレタン結合の形成によって生成されるポリウレタンである塗料のことです。現在使用されているゴルフボールのほとんどのペイントに使用されており、耐用年数は8~10年になります。

主に、トタンやアルミ、モルタル・コンクリートに塗装が可能であり、ウレタン樹脂塗料には良質な弾性(ゴムのように伸び縮みをする性質)質のものもあるため、呼吸をして伸び縮みをする木部にも最適です。
特徴としては、独特の肉厚感と光沢があり、硬度や耐摩耗性が高いので、剥がれにくいです。
また、耐候性もあり、柔らかい性質と密着性が高いため、曲面や細部の塗装にも適しています。

フッ素樹脂塗料

フッ素樹脂塗料は、フッ素樹脂の技術を応用した塗装であり、原料は、フッ化カルシウムを主成分とする天然石であるホタル石になります。明石大橋などの架橋鉄塔の塗装にも使用されており、耐用年数は15~20年になります。

主に、屋根、サッシ、壁材、手すり、門の扉・フェンス等の住まいの外観部分や、玄関ドア、各種プラスチック建材等に適しています。また、メンテナンスサイクルが長いため、改超高層ビルや公共性の高い大型建築物といった改修工事が難しい場所の塗装にも有効です。
特徴としては、ツヤ、光沢感が独特で、耐久性が非常に高いです。

さらに、酸性雨や紫外線にも強いため、しっかりと屋根材を守ることができますし、雪の滑走性能も高いため、積雪がある地域などでは、雪止め等を付けていなければ、ほとんど雪が屋根に残ったままとなることはありません。

資料請求・お問い合わせはこちら

▲page up