自然素材

無添加厚塗りしっくい®は口に入れても、害のない素材を使用しています。消石灰・ぎんなん草・大理石パウダーを入れることで高性能と厚塗りを実現しています。自社開発なので、安心して提供できます。

厚塗り

高い調湿性や耐火性を発揮するためには5~6mmの厚さが必要で今までは、二度三度と重ね塗りが必要でした。無添加厚塗りしっくい®は、一塗りでできるように改良し、工期短縮、施工コストの削減につながりました。

リーズナブル

無添加厚塗りしっくい®は自社製造のため、中間マージンを一切入れずにお客様へ提供できます。また、厚塗りでも工期短縮に繋がり職人の工賃を減らすことができ、納得できる価格まで下げることができました。

消石灰

石灰石を原材料としたもの。
漆喰の主要な材料。

ぎんなん草

食材にも使われる海藻。
のりの役目を果たす。

麻スサ

麻の繊維を剥いだ際の屑。
ひび割れを起きにくくする。

大理石パウダー

大理石を粉末状にしたもの。
質感のよいものに。

漆喰は天然の石灰石(炭酸カルシウム)から製造される消石灰に、麻スサ(麻の繊維くず)や海藻のぎんなん草などをまぜた自然の塗り建材です。耐火性、耐久性も高く、古くからお城や土蔵、地中海の白い建物の壁や、中国の万里の長城に使用されるレンガのつなぎ材にも漆喰が使われてきました。

漆喰自体、柔らかくやさしい材質で、凹凸の部分を手で触れても痛くありません。また、微細な穴(多孔性)がたくさんあり、調湿性や消臭性など様々な効果を発揮します。

調湿性

微細な穴がたくさんあり、呼吸をするように室内の水分を吸放湿し、快適な湿度を保ちます。夏は湿気を吸い込み、からりと、冬は湿気を吐き出ししっとりとし、快適な室内環境をつくります。

耐火性

構成される素材がほとんど無機の不燃性で出来ています。このおかげで、燃えず、有毒ガスも発生せず、大切な命と住まいを守ることができます。昔のお城や土蔵など大事なところに使われていたのもそのためです。

消臭性

微細な穴に匂いのもとが入り込み、漆喰が匂いを吸着してくれます。焼き肉・魚の匂い・タバコやトイレ・ペットの匂い等、生活臭を抑え、快適な生活空間になります。

経年美

漆喰は二酸化炭素を吸収しながら硬化していくため月日が経てば経つほど、硬くより味わいのある美しい結晶に変わっていきます。スペインで有名なアンダルシア州の白い村では、漆喰を塗り直し、代々受け継ぎながら守ってできた美しい村です。

メンテナンス性

漆喰の壁は汚れたり傷んだりしても補修がとても簡単です。いたずら書きなどで部分的に汚れた場合、サンドペーパーで表面を削りとれます。5~6mm程度の厚さで塗っていますので、表面を削り取ればきれいになります。

また、キッチンの油汚れや、タバコのヤニ汚れなど全体的に汚れた場合、消石灰を水で溶かしクリーム状の溶液をハケやローラーで塗れば、質感は少し違いがでますが補修できます。

資料請求

▲page up